RAID・NAS・サーバ・PCなど福岡のデータ復旧は特急データ復旧ウィンゲットにお任せ下さい。初期無料診断でデータ復旧・データ復元いたします。

  1. データ復旧 >
  2. 特急データ復旧 福岡 >
  3. データ復旧サービス比較

データ復旧サービス比較

データ復旧とは

サーバー、NAS、PC(パソコン)や外付けHDD(ハードディスク)などが故障し、大切なデータを失ってしまうことがあります。

「社内で利用しているサーバーが故障し、アクセスできない」
「停電によって機器が故障!」
「電源が入らなくて、稼働しない!」

など、日ごろ業務で利用しているNASやパソコンなどが壊れた場合、皆様はどうしますか。 このような緊急事態を解決するのが

データ復旧(復元)サービスです。

データ復旧業者も多く存在しており、対応内容や技術レベル、復旧費用なども異なります。 データ復旧サービスを利用するにあたり、失敗しない業者選びのポイントを解説します。

目次

データ復旧サービスの注意点

データ復旧サービスと修理の違い

データ復旧と機器修理は異なる
データ復旧と修理は、それぞれ目的が異なります。

データ復旧は、「データを取り出す」作業を行います。

修理は、「動作を回復させる」作業を行います。

データ復旧は、サーバー、NAS、パソコンや外付けHDDなど機器の中にあるハードディスク、媒体からデータを取り出し、別の記録媒体にデータを保存する作業のことです。
機器修理の場合は、ハードディスクや基板、故障している部品を交換し、機器の動作を回復させる作業を行います。
そのため、必要なデータが保存されている機器の修理を行った場合、ハードディスクやSSDなどの交換がされ、データ自体は戻ってきません。 もし、必要なデータが保存されている場合には、データ復旧サービスが必要です。

データ復旧の技術力

データ復旧サービスは、復旧会社によって技術力が異なります。
障害機器内のHDDやSSDなど障害の状況によっては「対応ができる業者・対応ができない業者」に分かれます。
障害状況は、論理障害・物理障害の2点があります。
論理障害のデータ復旧作業は、復旧専用ソフトを用いて解析を行い、データ復旧・データ復元を行う作業です。

代表な障害例としては、「データ消去、エラーメッセージ表示、暗号化」などが当てはまります。

物理障害のデータ復旧作業は、HDDやSSDなど記録媒体の専門知識を持った専用技術者が対応します。

HDD内部の部品交換を行う分解作業やメモリ解析などを行うため、論理障害よりも難しい作業です。
代表な障害例としては、「記憶媒体を落下・水没、経年劣化による故障」などが当てはまります。 特に使用している機器から「異音・異臭がする」場合は、早急に電源を切り、悪化させないようにすることが必要です。

障害機器からのデータ復旧サービスは、障害状況によりデータ復旧作業が異なります。 データ復旧企業によっては、「論理障害」は対応できるが、「物理障害」は対応できない復旧企業もありますので、障害状況を確認しデータ復旧企業の選定を行いましょう。

また、データ復旧・データ復元ソフトを使用して、復旧作業をされる方もいます。しかし、論理障害なのか物理障害なのかわからない状況でデータ復旧ソフトを使用するのは、データ復旧率が下がる可能性もあります。

特に、扱い方を間違えてしまうと二度とデータ復旧もしくはデータ復元ができない場合もありますので、データ復旧ソフトの使用は気を付けましょう。

故障した機器などの障害がわからない場合は、電話相談をおすすめします。

データ復旧会社の選び方

記録メディアの種類

データ復旧会社の選び方は、様々なポイントがあります。ポイントを下記にまとめていますので、内容を確認しましょう。

ネット上での口コミ内容

サイト上で検索をかけた際に、データ復旧企業のホームページなどを確認する方が多いのではないでしょうか。
また、飲食店やホテルなど口コミを確認する方も多いのではないでしょうか。

Google Map上の口コミの確認をすることをおすすめします。

Google Mapの口コミは影響力が高く、2021年3月に行われた調査では、Google Mapは地図アプリの中で利用率が1位で、9割近くのユーザーが利用したことがあるという結果が出ています。高評価や低評価など確認を行い、データ復旧サービスを利用したいかどうかの確認をする必要があります。

また、サクラ投稿など気にされる方もいますが、Googleではサクラ投稿などを発見した場合、削除されていきます。Googleの口コミの信用度においても、大手ポータルサイトに比べると、知名度は劣る部分がありますが、信用度は年々高くなっています。

データ復旧実績

データ復旧会社のHPには、復旧実績が記載されているサイトがあります。 どれだけ復旧実績があるのか確認をすることもポイントの1つです。

「大手企業や官公庁からの依頼があるのか」
「メディアでデータ復旧業者として取り上げられた実績があるか」

サイトの内容を見ることで、確認できます。

プライバシー認証の取得等、セキュリティ対策が徹底

故障した機器であっても、データは大事です。

「データの漏えいに問題はないのか」
「改ざんなどをされないか」

など気にされる企業・公共機関・個人様もいます。 その場合に、データ復旧会社での取り組みなどの確認が必要です。

プライバシーマークISO認証などお客様の大事なデータを取り扱う上で必要な対策がされているかをサイトで確認しましょう。 また、秘密保持契約(NDA)を結ぶこともできる復旧業者もありますので、必要な場合は、電話相談をおすすめします。

データ復旧の利便性

データ復旧の流れ・作業方法、費用などは復旧業者によって異なります。 自分に合った内容かどうかを確認する必要があります。

・データ復旧の依頼方法は来店・郵送・出張対応可能

データ復旧を依頼する方法は「来店対応・郵送対応・出張対応」の3点があります。

■来店対応の場合■
障害・故障した機器を直接オフィスに持ってきていただき、サービス内容、無料診断、見積のご提示までを行います。
来店対応は、技術者と直接お会いし、話ができるメリットがあるため安心して利用できます。

■郵送対応の場合■
事前に申込用紙を用意し、障害・故障した機器と同封してオフィスに送っていただく対応です。 郵送方法は、お客様にて発送していただく方法、もしくは集荷対応をさせていただく方法があります。 社内に障害機器が到着次第、無料診断を行い、見積をメールや電話連絡にて伝えます。

■出張対応の場合■
企業・公共機関など故障した機器を来店や郵送にて持ち出せない場合もあります。

現地での対応をさせていただくため、現地に出張を行い、その場で無料診断を行います。

状況によっては、その場での復旧作業を実施する場合や、持ち帰らせていただく場合があります。

まずはお電話ください。相談・初期診断無料

まずはお電話ください。相談・初期診断無料

▲ページトップへ戻る

来店がしやすい場所にあるか、全国展開されているか

お客様のお住まいの場所によっては、諦める方もいるのではないでしょうか。 すぐ近くに来店ができる場所がなく、困っている方もいると思います。

データ復旧サービスが全国展開されており、各都道府県に受付対応ができる場所があると、すぐに利用できるメリットがあります。 隙間時間を利用して受付の方と対面で対応ができることは、お客様として安心感を得ることができるのではないでしょうか。

郵送しても問題ないのか

パソコンや外付けHDDなど郵送するのに抵抗がある方がいると思います。
実際に、郵送にて問題が発生したこともありますので、100%問題ありませんとは言い切れません。 しかし、障害機器が悪化しないように、精密機器BOXを利用するなどして、安全安心に郵送していただくようにしているのは事実です。

もし、気になる方がいるようでしたら、お気軽にお問い合わせください。

土日祝日の復旧対応や夜間窓口がある

土日祝日の対応、夜間窓口があることは、時間に余裕のない方にはメリットになります。

平日では、来店する時間がなく厳しい場合でも土日祝日で対応ができるところがあると、データの復旧可否なども判断できます。 また、夜間に窓口があることでデータ復旧の依頼などを夜間に決めていただくことも可能です。

データを預けることは不安な部分もあり、依頼をすることに抵抗を感じる方もいると思います。 サイトを見て判断ができる部分もありますが、調べても記載がない内容もあります。 自分に合った対応ができるかどうかを判断し、データ復旧サービスの依頼をしましょう。

わからない点は、わからないままで終わるのではなく、復旧業者に電話連絡を行い、納得した状態で依頼を行うようにすることが大事です。

データ復旧費用の相場

データ復旧は、症状や機器によって料金に幅があります。 そのため、正確な概算費用を知りたい方は、無料で見積まで出してくれるデータ復旧の専門業者に直接問い合わせてみてください。 下記に機器ごとにおける概算費用を記載します。

■サーバー・RAID・NASの機器■
論理障害の場合 数十万円〜数百万円
物理障害の場合 数十万円〜数百万円
※サーバー機・RAID・NASはパソコンや外付けHDDなどとは機器が異なるため、データ復旧費用も高額になるケースが高いです。

■PC・外付けHDD・SSDの機器■
論理障害の場合 数万円〜数十万円
物理障害の場合 数十万円〜数百万円
※論理障害よりも物理障害の費用が高いです。専用技術者によるデータ復旧作業、特殊作業なども含まれる可能性もあります。

■USBメモリ・SDカードなどモバイル機器■
論旨障害の場合 数万円〜数万円
物理障害の場合 数万円〜数十万円

正確な見積を必要とする場合は、専門業者にて機器の障害状況を確認、データの復旧可否、

お見積のご提示までの無料診断を実施します。

御見積までのご提示が無料ですので、安心してご利用いただけます。 また、成功報酬制のデータ復旧会社の場合は、データの復旧が出来た場合に、料金の支払いが発生いたします。復旧不可の場合、内容によっては支払いがありませんので、その点もお客様にとっては良いサービスです。
※復旧不可の場合でも、作業内容によっては診断費用や作業費用などが発生する場合もあります。事前にデータ復旧会社に確認をしましょう。

データ復旧サービスのまとめ

今回、データ復旧サービスの比較内容を記載しています。 データ復旧を依頼する際の参考にしてください。

データ復旧の専門業者を選ぶのに、

「料金・費用」、「サービス内容」、「会社の評判」

など選ぶべきポイントは人それぞれです。サイトに記載がある情報がすべて正解だとは限りません。 気になることや不安な点などは、データ復旧業者に直接お問い合わせください。 問い合わせで解決し、安心してデータ復旧サービスを使用することが重要です。


まずはお電話ください。相談・初期診断無料

まずはお電話ください。相談・初期診断無料

福岡 お気軽にご質問・お申し込みください!

お客様区別
氏名
※必須
氏名 
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼

内容

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください

※1:即日返却等、通常返送以外の送料は、実費ご負担頂きますので、ご了承ください

※2:RAID、特殊フォーマットなどの場合、別途追加費用が発生する場合がございます。

福岡の特急データ復旧HOME